カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

  

パッソロッソ[2013] パッソピッシャーロ

Passorosso / Passopisciaro Srl - Societa' Agricola (赤) 750ml
鬼才が造る、エトナ火山の地で「地球の血液」を糧に育まれた、ボルカニック・エレガンス!鮮明感のあるルビーレッドから赤果実の香りが湧き上がり、鉄や火打石のような硬質のニュアンス。色調とは対照的にボディがありピノ・ノワールを感じさせます。葡萄園の標高は600m-1,000mに位置し、複数の畑のブレンドで造られており、エレガントなネレッロ・マスカレーゼ種の魅力がお手頃に楽しめる1本です。

パッソロッソ[2013] パッソピッシャーロ

価格:

4,230円 (税込)

[ポイント還元 127ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

エトナ山が育む優美なブドウ、ネレッロ・マスカレーゼ種のエレガンス

ネレッロ・マスカレーゼ種が、洗練されたエレガンスを見せるのには条件があります。それは、標高600m以上で作られたネレッロ・マスカレーゼ種なのだとフランケッティ氏はいいます。畑の標高が高ければ高いほど繊細さ、上品さ、また洗練を表現することが可能になるそうです。また、畑に存在する溶岩がどこから流れてきたかによっても土壌が変わり、コントラーダ(区画)ごとの地質がネレッロ・マスカレーゼ種に与える影響は大きくシチリアのピノ・ノワールと言われています。標高500m以下で生産されるネレッロ・マスカレーゼ種のワインは力強く、重厚なキャラクターのワインとなりますが、フランケッティ氏の造るワインはピノ・ノワールから造られた上質なブルゴーニュワインのような繊細さ、エレガントさが感じられ世界中のワインテイスターを虜にしています。パッソピッシャーロの畑はエトナ山北斜面にあり、その多くは700mから、高いところは1,000mを超える標高にあります。通常北斜面は日照角度が浅くなるため、ワイン用のブドウ栽培に適さないと言われていますが、このあたりの畑は全てテラス式のためその問題はありません。反対にエトナ山北斜面は南斜面に較べて9〜10月以降の天候が安定しているため、かえって都合が良いのです。また土質はミネラルが豊富で、地中には根の活動に不可欠な酸素が多く含まれています。その結果、収穫されるブドウは他にはない個性の、上品なワインを生み出すのです。

溶岩によってできた風景の中には階段状に畑が存在し、ネレッロ・マスカレーゼ種が育っています。樹齢80-100歳と、極めて古い樹ばかりです。標高が550-1000m以上にあるため、昼夜の寒暖差が非常に大きく、ブドウがゆっくり成熟していきます。遅い時は11月に収穫することもあります。この地に足を踏み入れると、マグマというまるで地球の血液を養分にし、シチリアの強い太陽の日差しと厳しい自然環境から生まれるワインの奥深さを感じずにはいられません。土壌は、ミネラルが豊富で地中には根の活動に不可欠な酸素が多く含まれています。


ページトップへ