カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

※北海道、中国、四国、九州、沖縄は別途送料が必要になります

コンテ・デラ・ヴィペラ  [2016] アンティノリ

Conte della Vipera / ANTINORI (白) 750ml
イタリアの名門アンティノリと、プイィ・フュメなどを造るフランス、ロワールのド・ラドゥセット社とのコラボワイン。ソーヴィニヨン・ブランをメインにセミヨンを加えて造られる、果実味とミネラル豊かな白ワインです。

ソーヴィヨン・ブランの一番よい区画は海抜200m〜400mに位置された畑。収穫されたブドウは、冷却装置付きのベルトコンベアーで運ばれ、10℃でスキンコンタクトされた後、ソフトプレスされます。16℃を超えないよう温度管理されたステンレスタンクでアルコール発酵され、タンク内でシュール・リーを行うという、ド・ラドゥセットのプイィ・フュメ同様の技術が用いられています。

コンテ・デラ・ヴィペラ  [2016] アンティノリ

価格:

3,870円 (税込)

[ポイント還元 116ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

アンティノリは、はるか14世紀よりワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカーです。1385年にワインビジネスをスタートさせたアンティノリ。サッシカイア一族とは血縁関係にあり、当初はサッシカイアのワインメイキングにも携わっていた歴史を持ちます。 1970年代に「ティニャネロ」「ソライア」といった世界的に有名なスーパータスカンを生みだし、 トスカーナワインの品質向上を牽引していきました。アンティノリは、今ではイタリアを代表するワイナリーとしての地位を不動のものとしています。トスカーナの隣、ウンブリア州の霧深い山の上にあるワイナリー、カステッロ・デラ・サラ。ラベルにもデザインされた1320年からある城と、高さ30mの塔がシンボルです。 中世の面影を残す建物は、1300年代から、近郊のオルヴィエートの街を統治してきたモナルデスキー家によって建てられました。アンティノリは1940年から参入しており、主に白ワインを中心にワインを造っています。中でも、フラッグシップであるチェルヴァロ・デラ・サラは、数々のコンペティションや評価誌でも高い評価を獲得する世界的に有名な白ワインです。カステッロ・デラ・サラの500haの敷地の中で、ブドウ畑は約160ha。 海抜200m〜400mの畑で、 太古の昔は海だったという、化石などの堆積物と粘土質の多い土壌で、プロカニコやグレケットといった土着品種を中心に栽培しています。また、2010年から一新された醸造設備は グラヴィティー・システムを採用し、醸造工程が進むほど地下に行くという、自然の法則にしたがった最新のエコシステムが整えられています。こちらのコンテ・デラ・ヴィペラは、フランス・ロワール地方でプイィ・フュメなどを造るド・ラドゥセット社とのジョイント・ヴェンチャー・ワインです。ワインの名前の由来は、15世紀にサラ城の初代所有者であった アンジェロ・モナルデスキのシンボル、ヴィペラ(蛇)に因んで名付けられました。 また、ラベルには15世紀当時のサン・ジョヴァンニ礼拝堂が描かれています。ウンブリア州のカステッロ・ディ・サラを訪れたド・ラドゥセット男爵は、自分が得意とするソーヴィニョン・ブランが栽培されているのを見て、ひらめきを感じアンティノリ侯爵と手を結び、このワインを誕生させたそうです。

ページトップへ