カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

 

フィキモリ[2016] トルマレスカ(アンティノリ)

FICHIMORI / TORMARESCA(ANTINORI) (赤) 750ml
夏に非常に暑くなるプーリア州では赤ワインも冷やして飲んでいた、という土地の伝統にヒントを得て造られました。良く冷やしてこそ、ザクロやバラなど華やかなアロマと味わいが引き立つという珍しいワインです。柔らかいタンニンを表現するため、5度という低温で浸漬され、果皮は取り除き発酵させます。ぜひ8-10度に冷やしてお楽しみください。

チャーミングな香りに誘われるように何度でも楽しみたくなる軽快な味わい。フィキモリを造る際には、ネグロ・アマーロの柔らかいタンニンとフレッシュなアロマを表現するため5℃という低温で浸漬、果皮は取り除いて発酵させています。よく冷やしても、バラやチェリー、ラズベリー、ストロベリーを思わせる赤系果実の豊かなアロマが、グラスいっぱいに溢れます。フレッシュな果実味と酸のバランスが心地よく、チャーミングな香りに誘われるように何度でも楽しみたくなる軽快な味わいで、アペリティフからメイン料理まで、どんな料理にもぴったりと寄り添ってくれます。 氷を入れたり、炭酸水で割ったり、カクテルにも、ご自由にお楽しみください。

フィキモリ[2016] トルマレスカ(アンティノリ)

価格:

1,830円 (税込)

[ポイント還元 55ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

フィキモリを造るのは、プーリア州のトップ生産者である、トルマレスカ。イタリアきっての名門アンティノリが1998年から手掛けているワイナリーです。アンティノリはこの地でしか栽培されていない郷土色豊かなブドウ品種の可能性を見出し、高品質なワインを次々と生み出すことで、質より量というイメージであったプーリア産ワインのイメージを塗り替えました。

フィキモリに使用されるのは、イタリア南部で古くから栽培されている品種のひとつである、ネグロ・アマーロ。柔らかな口当たりと豊かな果実味が魅力です。かつては土着品種のひとつに過ぎないという認識でしたが、近年誠実な畑仕事によって引き出されるエレガントさや熟成能力など、高いポテンシャルを持ち合わせていることが知られるようになり、注目を浴びています。

名門アンティノリ家が可能性を見出した地、プーリア州。経験と技術を駆使して造られる土着品種を使った魅力溢れるワイン。

アンティノリは、1998年にワイン造りの可能性に満ちたこの土地を購入し、この「トルマレスカ」というワイナリーが誕生しました。アンティノリの26代目の当主、ピエロ・アンティノリ氏は、プーリア州への進出理由について、「この地の太陽、土壌、大地、気候、恵み、歴史、文化、食事に可能性を感じたからであるが、それだけが理由ではない。この地にはたくさんのブドウ品種があり、その数だけ挑戦できること、そして、プリミティーヴォ、ネグロアマーロ、アリアニコなどそれぞれにおいて最上級のワインを造り出せる可能性があるからだ。」と語っています。どちらかというと質より量というイメージを持たれがちであったプーリアのワインでしたが、アンティノリが長い歴史の中で培った経験と技術を駆使し、このトルマレスカでは土着品種を使った魅力あふれるワインが造られています。常に掲げられている信念は、「エレガントでトップクオリティのワインを造り出す」ということです。ワイナリーが所有するテロワールの異なる2つのエステート。このワイナリーの大きな特徴は、内陸に位置する「ボッカ・ディ・ルポ」と、アドリア海沿いの「マッセリア・マイメ」という、テロワールのまったく異なる2つのエステートを所有していること。それぞれ最適な品種は違い、その地の風土と相まって、独自のワインを生みだしています。 1999年にイタリア国内の限定した市場に向けてスタートしましたが、いまではワインスペクテーター誌でも『注目すべきワイナリー』として取り上げられるなど、世界で好評を得て着々と市場を拡大しています。

ページトップへ