カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

ジェネラシオン・トロワ NV アラン・ナヴァール

Generation 3 / Alain Navarre (白・発泡)750ml
パシー・シュル・マルヌ村の真南向き斜面畑より。粘土石灰質土壌。平均樹齢約35年。現在販売中のものは、ピノ・ノワール90%、シャルドネ10%で、2011年産95%、ヴァン・ド・レゼルヴ(2010年産、2009年産)5%のブレンド。シャルドネの一部は、アリエ産・トロンセ産の225リットル樽で熟成させたものです。ドザージュは約10g/l。ラベルの左側に記載されている「D」「J」「A」の文字は、アランの祖父ダニエル、父ジャン・マリー、そしてアラン本人の頭文字です。 樽熟成を経たキュヴェを用いる事により、深みのある風味を備えています。芳醇なボディと華やかな余韻に溢れています。

ジェネラシオン・トロワ NV アラン・ナヴァール

価格:

6,926円 (税込)

[ポイント還元 208ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

イマジネーション溢れる鬼才アラン・ナヴァール(写真右。左は奥さん)の最高傑作、「ジェネラシオン・トロワ」(2013年8月に、旧名「ランタンポレル」から改称)をご紹介します。  シャンパンの醸造は、秋に収穫したぶどうを発酵させてワインを造り、翌年春、そのワインに、前年以前に仕込んでタンクで貯蔵していたワイン(ヴァン・ド・レゼルヴ)をブレンドし、瓶内2次発酵を誘発する酵母等を添加してビン詰めすることが基本となります。  優良なRMの場合、収穫年はもちろん、品種、区画、収穫日等の違いごとに別々のタンクでワインを貯蔵しており、ビン詰め時のブレンドは、それぞれのタンクごとに試飲を重ね、各ワインの特性を吟味した上で行われます。造り手の腕や感性が最も出やすい、シャンパン造りのハイライトのひとつです。  とはいえ、「品質や味わいができるだけ毎年均一になるように」というシャンパンの基本概念がありますし、さらに、通常は「商品ラインナップ」が決まっていますので、このタンクとこのタンクはスタンダード・ブリュットに、このシャルドネはブラン・ド・ブランに、というように、あらかじめいくつもの有力な判断基準が存在します。  「ジェネラシオン・トロワ」は、この毎年のビン詰め時におけるブレンドの判断基準を、「2000本分、最高品質のシャンパンを造ること」一点のみに求めた、他ではまず聞かない、珍しいコンセプトの作品です。  「アラン・ナヴァール」は、「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」の都シャトー・ティエリから東に12km、パシー・シュル・マルヌ村に1899年に設立された「ダニエル・デュボワ」のデュボワ家にアランが婿入りして世代交代する形で、1986年に設立されたRMです。  「他の多くのワイン産地は、絶えず変化し続けながら、ワインの品質を高めていっているように感じます。シャンパーニュは伝統色がとても強い地域なので、なおさら意識的に、従来の常識や価値観にとらわれない発想をしていかなければならないと思います。大事なことはただひとつ、より美味しいシャンパンを造ること、です」。  「ジェネラシオン・トロワ」は「3世代」という意味で、代々ぶどう栽培を営んできた彼らの先祖に敬意を表したものであると同時に、「(常識や価値観などは時代とともに変化するが、)本当の美味しさは、世代を超えて不変のものである」という意味が込められています。  その年のビン詰め時点における最高品質のワインを、将来にわたって最高品質のシャンパンになるように選抜してブレンドするため、品種構成や畑の区画等は毎年変わります。また、アラン・ナヴァールは一部を225リットルの小樽で発酵・熟成(貯蔵)させていますが、最近の傾向として「ジェネラシオン・トロワ」のヴァン・ド・レゼルヴには、この樽熟成分が選ばれることが多いです。  外観も斬新で、シャンパンでは極めて珍しい「12面体ボトル」を採用し、王冠には純正スワロフスキー製の直径2mm程のクリスタルが嵌め込まれています。

ページトップへ