カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

  

マザー オブ エグザイル [2017] デナー・ヴィンヤード

Mother of Exiles/ Denner Vineyards (赤)750ml
パソ・ロブレスが注目を浴びているのは、こんなに素晴らしいワインを世に送り出しているからだろう。リッチでパワフル、かつ滑らかな極上ボルドーブレンド。使用品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70% , プティ・ベルド18% , メルロー10%、カベルネ・フラン2%、赤スグリやブラックベリー、タールなどのアロマで始まり、スパイシーなチポットレやクミン、カルダモンなどのスパイスが現れる。たっぷりとしたチェリーなどの果実味の中にダークチョコレートやアニス、微かなメントールなどもフィニッシュに顔をのぞかせる。滑らかな口当たりだが、長く続く余韻にもしっかりと残るタンニンが心地よい。100% 除梗。フレンチオーク樽にて22か月熟成(新樽72%)。

マザー オブ エグザイル [2017] デナー・ヴィンヤード

価格:

10,780円 (税込)

[ポイント還元 323ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ブドウは全てウィロークリークの自社畑を使用。1999年に栽培を始めた自社畑は26のブロックに分けられ、19種の品種が156エーカーに植えられている。古代は海底だったこの土地の土壌は石灰質が多く含まれた砂質である。太平洋からくる冷涼な風がテンプルトン・ギャップを通って入り込み、気温を下げている。畑は、銘醸畑で知られるベクストファーのジョン・クロスランドによりデザインされ、デナーの隣のワイナリーであるサクサムのジャスティン・スミスもコンサルティングに加わっている。ヴィンヤードマネージャーであるアーロン・ネヴァレスはジャスティン・スミスのコンサルを受けながら、畑を管理し、2005年からは全て一人で管理し、ワイナリーの周囲12エーカーの畑も増やし続けている。化学薬品は全く使用せず、肥料は全てコンポストの自然のものを使っている。

パソ・ロブレス西側の小高い丘に瀟洒なテイスティングルームを持つデナーは、ロン・デナーがカリフォルニア中を探し回り、ようやく見つけた土地に建てた小さなワイナリーです。もとは地元の農家が麦を栽培していましたが、古代は海の底に沈んでいた土地のため、化石やクジラの骨などが混ざる石灰質が豊富な土壌です。緩やかな斜面は長い日照があり、テンプルトン・ギャップから吹き込む海風は昼間の暖かい空気を冷やすため、特にローヌ系品種の栽培にはぴったりな土地でした。デナーではサステイナブル農法にこだわり、できるだけ有機栽培に近い方法で栽培しています。現在、収穫の半分を自社のワインとして生産し、残りの半分をお隣のSaxumやJustin Winery など、地元のプレミアムワイナリーに販売しています。この小さなワイナリーで醸造を担当するのが、アンソニー・ヨント(Anthony Yount)、パソ・ロブレスで今、最も注目される若き醸造家の一人です。地元の大学で農業経済学を学び21 歳の誕生日祝いに訪れたデナーで感銘をうけたヨントは、インターンとして働き始め、その後2010 年にワインメーカーとして正式に迎えられました。ヨントは、常にこの土地の素晴らしいテロワールを表現することを第一に考えています。ブドウの特徴を最大限に出すため、ブドウの完熟時期を細かく見極め、糖分が出すぎる前に収穫するようにしています。また、樽をコンクリートタンクに替えるなど、様々な試みを取り入れています。その熱心な取り組みはワインのクオリティに反映されており、毎年のように多くの評価機関から90点以上の高得点を獲得しています。

ページトップへ