カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ [2016] ルシアン・ル・モワンヌ

CHAMBOLLE MUSIGNY 1ER CRU LES AMOUREUSES / LUCIEN LE MOINE (赤) 750ml
ユニークで情熱的、異彩を放つブルゴーニュNo.1ネゴシアン。特級に匹敵する実力と人気を持つ一級畑から造られるエレガントで優美な味わい。一流ドメーヌが所有する特級、一級畑からワインを造るルシアン・ル・モワンヌ。一級畑レ・ザムルーズは、特級畑ミュジニーとヴージョ村に隣接しており、畑の名前はフランス語で「恋人たち」という意味です。また、「ミュジニーの妻」とも呼ばれており、華やかさとミネラル感に富んだ気品のある極上の1本です。

シャンボール・ミュジニー プルミエ・クリュ レ・ザムルーズ [2016] ルシアン・ル・モワンヌ

価格:

57,200円 (税込)

[ポイント還元 1,716ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

一級畑レ・ザムルーズは、特級畑ミュジニーの真下に広がるシャンボール・ミュジニー最上の一級畑。土壌に関しては、石灰質の厚い層と、その上に重なる深さおよそ30~50cmの赤粘土質が特徴です。「恋人たち」というロマンチックな名前を持つ畑ですが、まるで若い恋人たちのように雨でぬかるんだ土が長靴にくっついて離れない様子に由来するとの説もあります。石灰分を豊富に含む土壌から生み出される、一級畑の中でも傑出している最もエレガントで優美な味わいを堪能できる1本です。 ルシアン・ル・モワンヌのレ・ザムールはしっかりとした酸味と果実味があり、良質なタンニンが心地よい余韻を演出します。

ルシアン・ル・モワンヌは1999年にムニール・サウマ氏と、 その妻であるロテム女史によってボーヌの中心街に設立されたワイナリー。 手掛けるワインはコート・ドール全域にわたり、グラン・エシェゾー、リシュブール、 ロマネ・サン・ヴィヴァン、モンラッシェなど錚々たる畑ばかり。 自らの畑は持たず、一流ドメーヌが所有する特級、1級畑のみで造られたワインを樽で購入し、 熟成、瓶詰めを行うといういわゆるネゴシアンスタイルでワインを生み出しています。 畑の所有者の名は一切公表されていませんが、 誰もが知る錚々たる名門ドメーヌばかりが名を連ねているといいます。 サウマ氏は収穫時にブドウ畑をまわり生産者の声を聴くことに注力し、 圧搾が終了したばかりのブドウの果汁を試飲。 毎年各アペラシオンのテロワールを最もピュアに表現している造り手を厳選し 各アペラシオンに一つの生産者からブドウ果汁を購入しています。 サウマ氏のブルゴーニュワインへの情熱は現地でも知れ渡っており、 畑の所有者よりも深くテロワールに精通し、「彼はクレイジーだ!」と言わしめるほど。 その熱い情熱に心を打たれたトップ生産者たちは、喜んで最高のワインを差し出してくると言います。 樽で購入したブドウ果汁はその後自分のセラーに移し、 低温で温度管理しながらゆっくりと自らの手でマロラクティック発酵を行い熟成。 その際に使われる樽に使用するオークは、各ワイン(区画)とヴィンテージの特徴に合わせて、 じっくり、そして丁寧に炭であぶって造るというこだわりぶりです。 そして、特筆すべきは、他の生産者とは一線を画す特異な熟成方法。 ブルゴーニュのドメーヌは熟成セラーが限られていることもあり、 基本的に熟成は1年ですが、ルシアン・ル・モワンヌは、倍の25ヶ月以上の熟成を行います。 しかもその間、酸化を避けるため澱引きを一切行いません。 また、亜硫酸を極力加えず、ワインから出た澱と炭酸ガスで 酸化を防ぐという伝統的な手法で熟成されます。 澱とともに長期熟成を経たワインは、フレッシュでありながら、 澱からのエキス分と経年による熟成によって驚くほど複雑。 その後の最後の瓶詰めも樽から直接手作業で行っており、 自らの手によるハンドメイドの許容量までしか造らないというこだわりを持ち、 どのヴィンテージも生産量は100樽を超えることは決してありません。 究極の目利きで優れた畑を選び抜き、とでもユニークな方法で仕立て上げた彼のワインは、 まさに最高の生産者の、最高のキュヴェを集めた豪華コレクションと言えるラインナップ。 ブルゴーニュのあらゆる常識を塗り替えた、「夢のワイン」とも言える作品なのです。 「世界のベストレストラン」第1位に4度輝いたデンマークの「ノーマ」、 イギリスの「ファット・ダック」、今はなきスペインの名店「エル・ブリ」、 バスク地方の「ムガリッツ」など、世界のトップレストランが もれなくオンリストしていることからも、彼のワインが 大変注目を集めていることが分かります。

ページトップへ