カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ


【父の日のプレゼントに】若戎「SOUBI 純米大吟醸酒」720ml

■「SOUBI(そうび)」とは、バラの花の別名 若戎酒造(三重県)の女性スタッフが中心となって企画・開発。造りにも参加し想いを込めて醸しました。 原料米に伊賀産の三重山田錦を100%使用し、三重県酵母MK-1とMK-3、そして伊賀の伏流水で醸したお酒はまさに三重テロワール。華やかな香りとキレのあるスッキリとした味わいです。 紅いバラの花が描かれたラベルは、ボトルを花束風に包装することで、バラの一輪ブーケに見えるようなデザイン。贈られた人が非日常的な時間を楽しめる特別感ある1本に仕上っています。 贈る方も贈られる方も、笑顔のひと時を過ごしていただけるように、あなたの想いをそっと一輪のバラの花に添えて。

【父の日のプレゼントに】若戎「SOUBI 純米大吟醸酒」720ml

価格:

3,996円 (税込)

[ポイント還元 120ポイント~]
購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

【分析値】 〈アルコール〉15度 〈日本酒度〉+6 〈酸度〉1.5 〈アミノ酸度〉0.9 〈精米歩合〉50% 〈原料米〉三重山田錦(三重県伊賀産) 〈酵母〉三重県酵母MK-1 ・MK-3

笠置、布引、鈴鹿の山々に囲まれた伊賀盆地は、伊賀忍者の里として知られています。伊賀上野城の城下町では今でも細く入り組んだ街並みがその姿を残し、また、吉田兼好が徒然草を記し、俳聖松尾芭蕉生誕の地でもあり、山間の盆地ながら隣接する奈良・京都からの文化的影響を受け、古くから交通の要衝として栄えました。蔵元のある阿保地区もかつて大和国と伊勢国をつなぐ「初瀬街道」の宿場町として、大阪を始め西国方面からのお伊勢参りの旅人で賑わった地。かつてはこの一帯だけでも7軒の造り酒屋があり、そこで造られたお酒が地場消費されていたといいます。盆地だけあって昼夜・夏冬の寒暖差が激しく、四方の山々からは清々しく豊かな水が湧き出で、良質米の産地でもあるなど、酒造りの条件が揃っています。仕込み水には関西の軽井沢と呼ばれる標高800mの青山高原から流れる軟水の伏流水を使用。原料米は、優良米の産地である地元伊賀の専属農家と契約して栽培された良質の《三重山田錦》《ヤマヒカリ》などを使い、これらを平均精米歩合58%まで磨きます。特徴的なのは中村貢杜氏が確立した酵母使い。何十種類もの酵母を駆使し、その酵母の特徴を最大限に発揮させます。たとえば「義左衛門」はひと造りにタンク30本ほどを仕込みますが、十数種類の酵母を使い、ぜんぶ搾り終えたところで全体をひとまとめにして「義左衛門」を造り上げます。平成8年度(1996年度)より、すべて本醸造以上の特定名称酒だけを醸す蔵となり、そのうちの8割が純米酒。原料米から出荷まで、誤魔化すことなく真剣に取り組み、品質を追求し続けています。

ページトップへ