カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ


ザ・ビー フローラ&ファウナ ホワイト [2016] アイドルワイルド

The Bee Flora & Fauna White / Idlewild Wines (白) 750ml
蜂蜜やワイルドフラワー、濡れた石、塩味、ジャスミンやオレンジの花のアロマとダイヤモンドのようなシャープさを持ちます。オイリーな質感や豊潤さを感じキビキビとした酸が魅力です。 使用品種:モスカート・カネーリ、アルネイス、コルテーゼ 醗酵:房ごとプレスしステンレス・タンクにて混醸(天然酵母)、MLF    熟成:フレンチ・オーク樽 4カ月(225L、旧樽)MLF有 年間生産量:7980本

ザ・ビー フローラ&ファウナ ホワイト [2016] アイドルワイルド

価格:

3,200円 (税込)

[ポイント還元 96ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

北カリフォルニア、メンドシーノで生まれるマニアックなピエモンテ品種!
カリフォルニアでは珍しいピエモンテ品種だけで造られるガレージワイン
メンドシーノの高地で育つナチュラル派なニューフェイス、アイドル・ワイルド!ピエモンテ種のみを使用し、透明感のある鮮やかな果実味と高い酸、岩を感じるミネラリーなテクスチャーを持つワインが今、アメリカのニッチなワイン層に受けています!アイドル・ワイルドは、オーナー醸造家であるサム・ビルブロ氏によって2012年に設立されたワイナリーです。ウイリアム・セリエムが車庫でワインを造り、世界的に有名になったワイン用語「ガレージワイン」という、品質重視の少量生産でワインを造る流れは、今日カリフォルニアでのワイン造りに大きな影響を与えました。自社畑・大きな醸造設備を持たずとも、少量生産でチャレンジを続ける若手ワインメーカーが、ガレージのような施設から世界を魅了するワインを造り、カリフォルニアワインの新たな流れを生み出しています。シリコンヴァレーでも有名なアメリカ西海岸、半導体やインターネット、ソフトウエア関連だけでなく、様々な産業でも多くの若者が夢を実現させることが出来る、そんな環境があるのかもしれません。さて、アイドル・ワイルドのオーナー醸造家のビルブロ氏も、ガレージワインの流れを汲む造り手の一人です。実家がワイナリーという環境で育ち、その後レストラン業界に進みますが、そこでピエモンテ品種に大きな衝撃を受けます。そしていつしか、ワイン造りへの強い興味が生まれました。ビルブロ氏が注目したのは、自身がこよなく愛するピエモンテ品種。中でもカリフォルニアにおけるピエモンテ品種の可能性です。数こそ少ないですが、各地でピエモンテ品種が栽培され、単一品種から卓越したワインが生み出されるようになりました。ビルブロ氏は中でもメンドシーノ・カウンティのテロワールに興味を持ち、この地からワインを造ることを決意しました。厳選したブドウ畑の良質なブドウを使用し、質素な醸造施設で生み出されるワインは、激戦区ニューヨークのテロワールワインを取り扱う業者の目に留まり、注目を集めます。地元西海岸でも、高評価を獲得する有名レストランやワインバーでオンリストされる、知る人ぞ知るマニアックなワインとして人気を集めています。

年間生産量30,000本(2500函)と非常に少ない生産量ですが、醸造されるワインはほぼ、限定のお得意先とメーリングリストで完売となるほど入手困難で、毎ヴィンテージ予約完売となっています。 カリフォルニアのMarietta Cellarsのオーナー醸造家の息子として生まれたビルブロ氏。ヨーロッパのワイナリーの一家がそうであるのと同じくブドウ畑で育ち、遊び場でもあったワイナリーでは、ごく日常的に父とともにブレンドの試飲を行うなど、幼少時代からワインが常に身近な存在にありました。ワイナリーの運営は兄に任せ、成長したビルブロ氏は、ワイナリーを離れて自身のキャリアをレストラン業界へと進めました。そして、多くの世界的なワインに触れる中で、ビルブロ氏の人生を大きく左右するピエモンテ産のワインと出会います。この出会いが、ピエモンテ産のブドウ品種への強い憧れと好奇心に代わり、いつしか自らのワインを造りたいというとてつもなく強いパッションへと変化していきました。そして遂にその思いは父親と同じワイン醸造への道へとビルブロ氏を突き動かし、2012年アイドル・ワイルドが誕生しました。幸いにも人脈に恵まれ、ワイン造りは父や醸造家の仲間や友人などから学びながら行う事ができました。ビルブロ氏のパッションの源とも言えるピエモンテ原産のブドウ品種は、それぞれの品種に適切なテロワールを有するメンドシーノの標高が高い地区のブドウ畑で栽培されます。自社畑ではありませんがビルブロ氏管理のもと、丹精込めて栽培されています。

ピエモンテ品種への強い思い
使用するブドウの多くは、メンドシーノ・カウンティ標高300m地点に位置する単一畑フォックス・ヒル ヴィンヤードから収穫されます。この畑は契約農家ではありますが、アイドル・ワイルドが全て畑を管理し、ブドウを栽培しています。ブドウ園では、サステーナブル農法を取り入れ、ブドウ樹が自らの力で幹力を高めバランスが取れるように栽培を行っています。アイドル・ワイルドのワインのコンセプトはピエモンテ州のブドウを使った、バランスと優美さに秀でたカリフォルニアワインです。現在、ピエモンテのネッビオーロを筆頭に、ドルチェット、バルベーラ、アルネイス、コルテーゼを始め、ブレンド用としては北イタリアのマスカット・カネッリ、フリウラーノ等を栽培しています。醸造家であるオーナーのサム・ビルブロ氏が強く魅せられた、これら北イタリア原産のブドウ品種は、どのワインも共通して品種のピュアでユニークな特性が素直に表れた、且つ優れたバランスと深い味わいで、見事なテロワールを引き出しています。

ブドウ畑はメンドシーノの山の中に位置しますが、醸造施設があるのはお隣のソノマカウンティ内のヘルツバーグのファンキーさを感じさせるコンクリートで作られた倉庫街の一角です。まさに、ガレージワイナリーという言葉がぴったりとくる、とても質素な施設になっています。「重要なのは畑とそこで栽培されるブドウである」という信念のもと、施設は醸造に必要な設備だけを置く簡素な作りになっています。

ページトップへ