カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

グラッスル シャルドネ[2017] ヴァイングート・グラッスル

Grassl Chardonnay / Weingut Grassl (白)750ml
注目の若手醸造家によるオーストリアのシャルドネ。わずかに柑橘類やハチミツのアロマを放ち、繊細な酸と程よいボディを感じる魅惑的な味わいです。醸造・熟成:醗酵:ステンレス・タンク醗酵(20%はオーク樽) 熟成:80%ステンレス・タンク熟成、20%オーク熟成 6カ月(800L、フレンチ、新樽は使用せず)

グラッスル シャルドネ[2017] ヴァイングート・グラッスル

価格:

1,969円 (税込)

[ポイント還元 59ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ウィーン南東部に位置するカルヌントゥム地方にある22ヘクタールほどの小さな家族経営のワイナリー。オーナーのグラッスル家は村でも最も古い歴史をもつ家系です。エステイトの歴史は18世紀まで遡りますが、当時はブドウ以外にも様々な農作物を栽培していました。1998年、3代目で現在のオーナーであるフィリップ氏の代になってから改革が進み、ワイン造りに専念するために現在の醸造所を設立し、名称を「ワイングート・グラッスル」に改めました。以来、本格的な品質志向のワイン造りに励んでいます。 非常に良く管理された小さな畑には、現在のオーナーである若きフィリップ・グラッスル氏のまっすぐで素直な性格が良く現れています。ワイナリーでは赤ワインの生産が80%以上で、その約半分を地ブドウのツヴァイゲルト種が占めています。彼のワインは「親しみやすい」という言葉がぴったりですが、同時に洗練された国際レベルの高い品質を兼ね備えていることで知られます。 ドイツ圏の主要ワイン評価誌、ファルスタッフ(ドイツ)やヴィナリア(ブルガリア)では、4ツ星を獲得、また2007年にはファルスタッフの赤ワイン部門で賞を獲るなど、カルヌントゥムを代表するワイナリーとして注目を集めています。

家族経営のワイナリーの3代目として、1998年、なんと19歳の若さでエステイトの運営を任されたフィリップ・グラッスル氏。オーストリアの大学で醸造学を修めた後、自らのワインの理想を探し求めて、世界中のワイナリーを訪問。その後カリフォルニア、ソノマのワイナリーで修業を積みました。 自ら栽培及び醸造責任者として従事するフィリップ氏は、「自分の目が行き届くサイズ」を理想とするため、畑を大きくすることに興味はありません。自然体で心地の良いワインは、まさに彼の人柄そのもの。オーストリアの地ブドウ、ツヴァイゲルト種やザンクト・ラウレント種の赤ワインで、今、注目を集める新進気鋭の造り手です。

ページトップへ