カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

モンテス タイタ [2010]

MONTES TAITA [BOX] (赤) 750ml
プレミアムチリワインの先駆けであるワイナリー、モンテス。こちらのモンテス・タイタは、モンテスの最上級のキュヴェになります。カベルネ・ソーヴィニヨンに最も適した畑のブドウだけを使用し、モンテスの全ての技術をかけて造られるため、年間生産量はわずか3000本のみ。あらゆる要素が完璧に調和した極上のキュヴェ。

モンテス タイタ [2010]

価格:

30,635円 (税込)

[ポイント還元 919ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

タイタに使用されるブドウが造られるのは、コルチャグア・ヴァレーの北西に位置するマルチグエ・エステート。 数年前、この土壌の深層に、水によって運ばれた堆積物から成る沖積土壌があることが発見されました。現在マルチグエ・エステートの周辺には川がないため、なんと大昔の氷河の溶解により、沖積土壌ができたとみられています。 これを発見したのは、地質調査の専門家であるペドロ・パラ氏。近年では地質学者の立場からコンサルティングを行っており、リジェ・ベレールと共にワイン造りを行う「アリストス」なども手掛けている、チリで最も有名なコンサルタントの一人です。 川底にあるような丸い石がたくさん含まれる土壌は、水はけがよく、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適しています。 また、花崗岩と粘土質の土壌は、ワインに十分な酸度としっかりとした骨格を生み出します。沖積土壌と花崗岩、そして粘土質、この3種類の土壌が上手くバランスを保っているという、他にはないユニークな土壌が、適度な水分とストレスを与えることで、果汁と旨みを充分に備えた最高の果実が育つのです。 タイタとは、チリの方言のような言葉で、「家族で一番偉いおじいさん」や「知恵を授けてくれる人生の先輩」という意味。 日本語だとさしずめ「長老」や「師匠」といったところでしょう。 モンテスの持つ全ての知恵・経験をもって生まれ、ワイン造りへの叡智、愛情、情熱などを持ち合わせるという意味を込めて、モンテスの創設者の一人、故ダグラス・ムライ氏が名付けました。 タイタは、 2007年ヴィンテージがファーストリリース。 創業25周年という記念すべき2013年に、満を持してリリースされました。年間生産量はわずか3,000本で、モンテスが造る上級キュヴェ「モンテス・アルファ・M」の25分の1という稀少さです。セパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨンが主体となっており、その他はシラーやカルメネールなどをオーナーであるアウレリオ・モンテス氏自らがブレンドを決定。フレンチオークの新樽で、24ヶ月もの長い間樽熟成され、さらに瓶内熟成を3年以上、計5年もの月日をかけてリリースされます。

プレミアム・チリワインの先駆けであるワイナリー、「モンテス」。 1988年、チリのワイン・シーンをリードする4人の専門家によって設立されて以来、 革新的なワイン造りを続け、世界の名立たるレストランや航空会社の機内ワインとしても採用されるほど実力を持つ、チリを代表するトップワイナリーです。 ワイン評論家、ロバート・パーカー氏は、モンテスについて 「チリ最高峰の生産者として素晴らしい評判を得ている。 モンテス社のワインは、安い値段のものでも素晴らしい価値を提供してくれ、 チリワインが到達できる最も高いレベルに位置している。」と高く評価。 さらに『ワイン・アドヴォケイト』誌をはじめとするワイン専門誌でも常に高得点を獲得、 VINEXPOをはじめ各種コンクールでも度々金賞に輝いています。 モンテスのワインには、ほとんどが手作業で育てられる選び抜かれたブドウのみを使用。近代的な設備と最新のテクノロジーによってチリワインの可能性と最高品質を追及し、樽熟成中のセラーでは日中ワインに音楽を聞かせるという試みも実践されています。栽培から醸造に至るまで、すべてはブドウ、ワインのため。愛情いっぱいに育てられたワインが世界のワインラヴァーたちを魅了し続けています。

ページトップへ