カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

  

コルビエール・プリオンド [2013] レ・クロ・ペルデュ

Corbieres “Prioundo” / Les Clos Perdus (赤)750ml
濃い色調、熟したプラムやブラックベリーなどの果実のアロマが豊富。豊かなタンニンとほどよい酸味によって長い余韻を楽しめます。 広大なコルビエールに32区画の畑を所有。その全ては高い樹齢の樹でビオディナミを用い土壌が活性化されている。土地の個性をしっかり表現した次世代コルビエール。ヴィルセク村コルビエール丘の最上部に位置する畑で周囲の畑とは孤立したガリーヴに囲まれている。土壌は粘土石灰。70%除梗して圧搾せず、発酵前に3日間低温浸漬してから発酵開始。20日後に果皮を取り出し、9ヶ月間ステンレスタンクで熟成。アッサンブラージュ。使用品種:グルナッシュ・ノワール、サンソー

コルビエール・プリオンド [2013] レ・クロ・ペルデュ

価格:

2,827円 (税込)

[ポイント還元 85ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ラングドッグで最も広大な産地コルビエール。その面積は13,000 haにも及ぶ。海に近い大きな干潟のペリヤック・ド・メールから60km内陸の山岳地帯まで個性の異なるワインを産んでいる。 『海に近い畑は粘土石灰が主体。内陸部は片岩や火山に由来する岩と砂質が複雑に混じり合っている。勿論ワインの個性も異なる』 安価なワイン生産地に成り下がったコルビエールでは90年代以降、手放される葡萄畑が増え続けていき、小麦の畑に変わるか、荒廃していった。イギリス人の「ユーゴ・スチュワート」とオーストラリア人の「ポール・オールド」の2人はこの捨てられた葡萄畑を嘆き、自分達で再建することを決意。 『クロ・ペルデュは失われた葡萄畑を意味する。畑は荒れていたが葡萄樹はその分、自然に守られていて毒されていなかった』 バカンスでコルビエールを訪れた彼等は広大な自然と大きな太陽、乾燥した生きるのに理想的な環境に魅了されてしまう。ポールはオーストラリアの醸造学校に入学し、栽培・ 醸造を学び、数年後、家族と共に海に近いリヤック・ ド・メールに移り住んだ。 『安価なワインを造る大手にとっては古樹や斜面、痩せた土壌の素晴らしい個性は収量を落とすだけで生産性が悪かった』 今では内陸部のリヴザルト北部、アグリー丘とヴィルセク村のコルビエール丘、海に近い干潟の平野部の 3 ヶ所に個性の異なる畑を所有している。 2003 年、1.5ha から始まった「レ・クロ・ペルデュ」。 設立メンバーのスチュワートはリタイアし、現在ではポ ールが家族と共にワイン造りを行っている。 『元々イギリスのロイヤル・バレエ団でプロのダンサーとして働いていた。その後、オーストラリアのシャ ルルスチュアート醸造学校で学んだ』 変わった経歴の醸造家だが、ワイン造りは芸術感覚 と科学的知識、そして情熱が重要なのだそう。コルビエールの自然と乾燥した環境を活かし、畑では一切の薬剤を使用しない。ビオディナミが採用さ れ、土壌の個性を重視している。 『優れた環境なので葡萄のストレスをできる限り減らしてやれば良い。葡萄樹と地球の動きに合わせ た栽培が可能なのがコルビエール』 剪定やグリーンハーヴェストも月の動きに合わせて行う。湿気が少ないのでベト病対策も必要なく、全て手作業だけで畑仕事が完結する。 『ビオディナミによって畑は昆虫や雑草の種類が少しずつ増え、それに伴って畑の個性は強まり、葡萄 樹は自然とバランスした』 現在では20ha 32区画の畑を所有し、そのほとんどが古樹で一部は樹齢 100 年を越す。勿論、全ての畑はビオディナミで活性化されている。

醸造段階でも葡萄、ワインにストレスを与えないということが重要視されている。 『土地の個性を表現するには芸術的な側面と科学的な側面、そして葡萄、ワインの気持ちを理解して扱うことが重要』 白ワインの圧搾は昔ながらの手動ダイレクトプレス。これも葡萄の状態を確認しながら調節できる唯一の手段だから。 『葡萄は 1 度除梗して葡萄の状態に合わせて梗を 加えていく。比率はその年によって異なるが、繊細 さ、複雑さ、奥行きを梗が与えてくれる』 また、発酵は野生酵母のみで温度管理なく行われるが、梗の酵素が発酵自体をスムーズに進める効 果もある。 『マセラシオンは 15~40 日間であまり強い抽出を 好まない。果実の強さとタンニンとをバランスさせる のがマセラシオンとピシャージュ』 その年、畑毎に手作業で調節していく。発酵、熟成も温度管理は一切しない。自宅の半地下にあるセラ ーは夏でも冷えていて、これも彼等の上品さを演出 している。 『重厚なワインではなく、ミネラルが 1 本通った土地の味のするワインを造りたいのでできる限りシンプルなワイン造りを心掛けている』

ページトップへ