カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

  

チェルヴァロ・デラ・サラ [2019] アンティノリ

CERVARO DELLA SALA/ ANTINORI  (白)750ml
ガンベロ・ロッソ最高評価トレ・ビッキエリの常連。モンラッシェを意識し、長期熟成を目指したイタリア白ワインの歴史を変えた1本。イタリアワインを代表する名門、アンティノリがウンブリアで手掛けるワイナリー。こちらは、シャルドネを主体として、グレケットを少量ブレンド。その味わいは、イタリアワインの中でも群を抜く、均整の取れたスタイル。鮮烈な果実味と酸に、ミネラルと樽の風味が溶け込み、渾然一体となったエレガントな味わいです。

チェルヴァロ・デラ・サラ [2019] アンティノリ

価格:

8,162円 (税込)

[ポイント還元 245ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

はるか14世紀よりイタリアワイン史に足跡を残すトスカーナ州フィレンツェの偉大な名門メーカー、アンティノリ。1970年代には、「ティニャネロ」「ソライア」といった世界的に有名なスーパータスカンをリリースし、その実力を世界に知らしめました。現在では、トスカーナワインの品質向上を牽引するだけでなく、イタリアを代表するワイナリーとして、その地位を不動のものとしています。 名門アンティノリの魅力は何と言っても、イタリア各地に"その土地のスペシャリスト" と言うべき個性を備えた、素晴らしいワイナリーを数多く所有していること。彼らがウンブリア州に所有するワイナリー、カステッロ・デラ・サラでは多くの高品質な白ワインを生みだしていますが、中でもフラッグシップワインであり、イタリア白ワインの最高峰として高い人気を誇るのがチェルヴァロ・デラ・サラです。 1985年のリリース以来、ワインアドヴォケイト誌にて毎年のように高評価を獲得。『ガンベロ・ロッソ』においては最高評価のトレ・ビッキエリを25回以上受賞するという偉業を達成しており、この最新2015年ヴィンテージでも見事トレ・ビッキエリを獲得!まさにアンティノリを代表する白ワインであり、イタリアが世界に誇る白ワインと言っても過言ではありません。

トスカーナの隣に位置し、イタリア半島で唯一海に面していないウンブリア州。「緑のウンブリア」と呼ばれるほど緑が豊かなこの土地は、夏は暑く乾燥し、冬も温暖な地中海性気候となっています。緩やかな丘陵地帯、水はけのよい石灰質土壌と気候が相まって、ワイン造りに適した土地として古くから知られてきました。 カステッロ・デラ・サラはウンブリア州の霧深い山の上にあるワイナリー。 ラベルにもデザインされた城と、高さ30mの塔がシンボルです。中世の面影を残すこの建物は、1300年代から近郊のオルヴィエートの街を統治してきたモナルデスキー家によって建設され、その土地と建物を1940年にアンティノリが購入し、ワイン造りを始めました。 チェルヴァロ・デラ・サラがリリースされる前の1980年代のイタリアにおいて、白ワインを長期熟成するという概念はなく、すぐに飲めるフレッシュな白ワインが主流でした。当時すでに、トスカーナの赤ワインビジネスでは成功を収めていたアンティノリでしたが、イタリアを代表する白ワインも造りたいとの情熱のもと、ピエロ・アンティノリ氏は長期熟成タイプの白ワインを生み出そうと考えます。 ワイン造りを担当していたレンゾ・コンタレッラ氏と共に白ワインの銘醸地モンラッシェを訪れ、偉大な白ワインが造られる背景を研究しました。帰国後、様々な試行錯誤を経て、1987年にチェルヴァロ・デラ・サラをリリース。その後、1996年ヴィンテージで『ガンベロ・ロッソ』のトレ・ビッキエリを獲得、2000年ヴィンテージはスペクテイター誌の世界のTOP100ワインに入るなど、世界各国で高評価を獲得。イタリアを代表する白ワインとなり、「イタリアワインの歴史を変えたワイン」として広く知られるようになりました。 チェルヴァロ・デラ・サラは、国際品種のシャルドネを主体として、グレケットを少量ブレンドしています。グレケットを加えることで酸味を加えると共に、「その土地の伝統と個性を生かす」というアンティノリの精神が貫かれています。その味わいは、イタリアワインの中でも群を抜く、均整の取れたスタイル。鮮烈な果実味と酸に、ミネラルと樽の風味がよく溶け込み、渾然一体となったエレガントな味わいを感じることができます。 カステッロ・デラ・サラのワイナリーは、「古城」というべき歴史ある建物。しかし、城に隣接された醸造所は時代に合わせて改良されています。特筆すべきは、カステッロ・デラ・サラで独自開発し、ワイナリー名で特許を取得した冷蔵装置付きのベルトコンベアー。選別されたブドウを冷却させながら運ぶため、ストラクチャーとアロマを保ったまま仕込むことが出来ます。 また、2010年から一新された醸造設備はグラヴィティー・システムを採用し、醸造工程が進むほど地下に行くという、自然の法則にしたがった最新のエコシステムが整えられています。一方で、熟成は城の30メートル下に位置する、14世紀からその形を残す地下貯蔵庫で行われており、新旧が見事に融合したワイナリーであると言えます。 チェルヴァロ・デラ・サラに使用されるブドウは、太古の昔は海だったという、化石などの堆積物と粘土質の多い土壌で栽培された最も出来のよいブドウのみ。全て手摘みで収穫され、ブドウは低温でスキンコンタクトを行いながら抽出され、シャルドネは100%フレンチオークの新樽で発酵させた後、6ヵ月間樽で熟成させます。 一方、グレケットはステンレスタンクで発酵を行っています。果実の鮮度を活かしながらじっくりと旨みを抽出するというこだわりの製法で、フレッシュながらも層の厚い、絶妙なボリューム感の白ワインが出来上がるのです。その後、1年間の瓶熟成を経てリリースされます。

ページトップへ