カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

※北海道、中国、四国、九州、沖縄は別途送料が必要になります

忘年会

+
恒例の忘年会
+
+
+
初物の白トリュフ♪
+
+
+
美味しさ未体験ゾーンの白でした。驚異的。
+
+
+
+
+
+
+
+
+
鹿の熟成肉。
+
+
+
+
+
+
残った澱は自宅に持ち帰り、シチューに加えてみました。
うまい(笑)。
+

甲州ワイン

+
山梨県勝沼のグレース(中央葡萄酒)を訪問。
+

+
「日本のワインで奇跡を起こす」を読んだら無性に訪ねてみたくなりました。当店では既に取り扱いがあり、着実にクオリティと人気を高めています。今後の発展にも大きな期待を持っています。
+
+
夜は同じ町内にある「ゼルコバ」というワイナリー(ルミエール)が切り盛りするレストランでワインと食事を戴きました。
+
+
+
ここのシェフはホテルオークラ、プティポワン、ベルフランスを経て、フランス、アメリカで研修後、ホテル西洋開業準備期からメインフレンチレストランのシェフを務めていたそうです。「場所場所でとれる素材をフレンチのテクニックで最大限に生かす。海に行けば海の料理、山に行けば山の料理」がモットーとのこと。

甲斐サーモン、甲州ビーフ、ルミエール自家製ワインベーコン、大塚人参、クレッソン(道志村)、各種フルーツなど季節ごとの地元食材を用いて、 バターは多用せず自家製ワイン、ヴィネガー、ピラン塩で軽やかに調理しています。目に鮮やか身体にも優しい料理とのこと。

私もかつてはホテル西洋の会員だったこともあり、当時はホテルのダイニングでお世話になりました。なんだか懐かしい味わいです。
+
+
+
+
ワインは料理と合わせてバイ・ザ・グラスで頂きました。ルミエールのワインはどれもおいしいのです。
+

+
+
+
そして夜は古民家を改築したお宿で一夜を明かしました。
+
+
天井の低さは明らかに古い時代の建築物みたいですね。聞けば築100年を超えているとのことですが、居心地はとても良く、そのうえ翌朝に頂いた朝ご飯が大変美味しくて、とってもリーズナブルなお宿という噂は本当だったんだと感心しました。
+
+
また来よう♪
+

霜月の会


+
しょっぱなから凄いのが。
+
+
これ軽やかで美味しい。
+
+
料理を待つ間に甘いお酒で時間つぶし。
+
+
こりゃまた凄いのが(驚)。
この極上の酸とミネラルは比類なし。
+
+
このボルドー・ブラン大好きです。
+
+
染みます。
+
+
+
高貴な香りと舌ざわり。
極上の一本。
+
+
料理に非常に合うアリアニコ葡萄。私の如き庶民にはこの位の存在感のワインが一番合います(笑)。
+
+
+
イヴレスのスペシャリテ「涸沼しじみ」のスパゲッティ。
+

徒然

+
朝晩はだいぶ冷え込むようになってきました。今年は根菜類の成長が悪くて、ちゃんと収穫できるのか心配になってきましたが、そんななか、ほうれん草はすくすくと育ってくれています。
+
+
さっそくオムレツにして戴きます。
間引き菜なので特に柔らかく甘いです。
+
+
落花生も収穫の時期を迎えました。
こちらは茹でて戴きます。
土壌消毒など一切行わない畑なので、およそ半分は虫に食べられてしまい、その残りを人間が戴く状態です(笑)。ひやおろしと良く合います。
+
+
タイプの異なる「月の井」純米吟醸。
料飲店に頼まれたサンプルを取り寄せてテイスティングしています。どちらも旨い♪
+

徒然

+
30年近く使っていたアラジンのストーブが酷使に耐えてお疲れの様子なので、新しいものに。

新しい一台も同じようなデザイン。このタイプが好きなんですよね。

アラジンは構造がシンプルなのでまだまだ使えそうです。今後は労りつつ大事に使いましょう。
+
+
気温が下がるとパンの風味が芳ばしくなります。パンの皮も湿度が低くなるとパリッとなります。パンは夏より冬が美味しい。
+
+
11月号SAKURASAKUの広告用の写真です。ワインはすべて甘いデザートワイン。落葉とのマッチングが悪くないと思いました。しかし落ち葉を10月中旬に集めるのが意外と大変でした。これは桜の葉です。まだ暖かいので虫も漏れなく付いてきました(笑)。
+
+
ワインハウスレニエでの月イチワイン会はボルドーブランがテーマ。

ボルドーというと赤の存在感が強くて白はどちらかというと刺身のつま的存在ですが、実際に味わうとなんの赤に負けず劣らず、その豊かな味わいに魅了されます。

私はこのボルドーブランが大好きで、特にグラーブとソーテルヌにいたってはブルゴーニュのグランクリュにも匹敵する品質を備えていると思います。

秋の夜長にボルドーブラン♪
+
+
塩がモノいう塩おにぎりです。シンプルだから使う素材は最高のものが相応しいのです。誤魔化しが効きません。ゲランドの塩、最高!
+
+
みなさん十五夜は祝っても十三夜の存在を忘れていませんか?かくいう私も忘れていました(笑)。遅い時間帯だったので月見団子の入手は叶わず、近くの洋菓子店でシュークリームをゲット(笑)。美味しい十三夜でした。
+
+
某ショッピングサイトのポイントの有効期限が迫っていたので前々から欲しかったSTAUBのココットラウンド17cmに替えてみました。まだ調理はしていませんが結構使い勝手が良さそうです。

日本酒部 神無月

+
今年最後の日本酒部はフレンチ/イタリアンのダイニングバーで執り行いました。

スタートアップにはクラムボンの甲州スパークリング。
+
+
続いて「作」の変わり種「インプレッション」。
+
+
+
このイタリアンな塩辛が滅法旨かったなぁ。
+
+
イタリアンと造り酒屋のコラボで生まれた日本酒リッシモ。
+
+
豊賀の秋あがり。しっとりした風味のうまい酒。
+
+
+
真澄「突釃・つきこし」 純米吟醸生原酒。とにかく華やか!
+
+
楯野川のナチュルフ。癒される上質な美味さ。
+
+
肉には無理なくワイン(笑)。
+
+
+
地元産、涸沼のしじみスパゲッティ。ほっこりした出汁の旨さが効いてます。
+
+
いつもの日本料理店ではなく今回は訳あって洋食屋さんでの開催となりました。昨今のモダンな造りの日本酒と洋食との相性は素晴らしいものがあります。シェフも意識して日本酒に合う味付けをしてくれたのも幸いしてくれました。

次回も乞うご期待。

徒然

+
週末の「日本酒部」で味わう予定のお酒達。
何を選ぶか悩むのも、また楽しいものです。
+
+
秋の収穫もそろそろ終盤。
季節は少しずつ冬に向かっています。
+
+
花豆が育ってきています。
+
+
小豆も少しずつ実を充実させています。
+

+
エビ芋もしっかり育ってきていますが、先の台風による強風と青虫による葉の食害で惨めです。
+
+
カメムシによる食害を避けるために晩生の枝豆を育てていますが、10月はまだ暖かいので若干の被害は避けられません。枝豆はカメムシの大好物。ヒトが食べる前に無くなっちゃいそうです(笑)。

カメムシが枝豆に熱中している間に、花豆と小豆がすくすくと育っています。枝豆はスケープゴート役になっています。

徒然

+
+いつものダイニングバーではシャンパンに旬の茹で落花生が出てきました。驚いたのはその落花生のサイズ。プロの農家さんが栽培したものだと思いますが、私が作る落花生の倍の大きさがあります。ブリュットとの相性は抜群でした。
+

+
次に味わったのは50年に一度の素晴らしいヴィンテージイヤーと云われる2015年産のブルゴーニュワイン。特にこの造り手によるワインは文句なしの美味さ。甘い果実のタンニンに溢れて酸味の豊かさがマスクされてしまう程に若くても旨いのです。この溌剌とした果実味は、まるでオレゴンピノのような印象を受けるが、時間をかけて味わうと精緻な構成の片鱗が僅かに垣間見れます。あと暫くすると休眠状態になるはずで、次に飲み頃になるのは5〜10年後のはず。リリースしたてを一度味わっておいて損はありません。
+
+
+
私の最も好きな季節の到来です。

これから正月まで一年で一番華やかでお酒の美味しい季節。もちろん読書にもいい季節ですね。今読んでる「ホモ・デウス」は知的好奇心が満たされる内容ですが、私にはちょっと難解だっりします(笑)。
+
+

徒然

+
スーパーなどでは殆ど見かけない日本カボチャを育ててみました。その名を「白皮砂糖南瓜」。想像以上の多産さに驚きました(笑)
+。

+
こちらは柔らかくて美味しいさやいんげん「つるあり霜降り縞ささげ」です。甘味が豊かで美味しいので毎年欠かさず栽培しています。
+
+
畑で採れた野菜を集めて十五夜のお月さまに捧げました。ワインはスペイン産の赤。お月見にぴったり(笑)。
+

ワイン会


+

今回のワイン会のテーマは「アルザスとサヴォア」でした。

アルザスは様々な造り手のワインが手回っていますが、サヴォア産のものはとても少ないのが現状。入手がなかなか大変だったりします。当店取り扱いのワイン


サヴォワ一帯は山岳地域ですが、標高の違いや湖などの影響により気候条件が複雑で、そのテロワールは場所によって異なり一様ではありません。産地の場所も、ジュネーヴにほど近く有名なレマン湖のほとり、またこの湖から流れ出るローヌ川沿い、支流のイゼール川沿いなど広範囲に点在する形となっています。

サヴォワはジュラだけでなく、ブルゴーニュ南部やローヌ北部といった産地と距離が近い地域。こうした地理的な要因もあって、シャルドネ、アリゴテ、ガメイ、ピノ・ノワールなどのブルゴーニュ系品種に、マルサンヌ、ルーサンヌといったローヌ系品種なども栽培されています。 その他にもお隣のスイスでは定番のシャスラや、ジャケール、モンデューズ、グランジェなどといった、あまり知られていない土着品種がいくつか存在。これらのブドウを単独、もしくはブレンドで使用している事も、サヴォワのワインならではの個性を形作っています。一口にサヴォワのワインと言っても、このようにいくつもの品種が多様なテロワールで育まれる事で、いろいろなタイプのワインが存在しているのです。


サヴォワ地方の中心地であるヴァン・ド・サヴォワは、1973年に認められたAOC。レマン湖からグルノーブル北のサント・マリダロあたりまで南北に伸びているワインの産地。サヴォワ県のほか、オート・サヴォワ県、イゼール県、アン県の59村にまたがっています。白ブドウ品種ルーセットで作られた辛口白ワインにのみ、ルーセット・ド・サヴォワのAOCが認められている。発泡性ワインはヴァン・ド・サヴォワ・ムスーのAC表記となります。豊富な日光があり、寒暖差の激しい気候。ブドウ栽培が行われている石灰岩の土壌は、日中に暖かさを蓄え、夜に冷え込むと蓄えた熱を開放する特徴がある。水はけがよいものの降水量が多く、ブドウの生産量は少ないが高い品質のものが生産されています。

ヴァン・ド・サヴォワで作られているのは主に辛口の白ワイン。フレッシュでミネラル豊かな味わいが特徴的です。作られている葡萄の数は多く、ワインの特徴もさまざま。ジャケール、ルーサンヌはフルーティで豊かな味わいの白ワインに、アルテス、シャスラ、アリゴテ、シャルドネがフレッシュで軽やかな白ワインに使用されています。

白ワインが多く造られるサヴォワ地方ですが、赤ワインも少量ながら造られています。著名品種では、ピノ・ノワール、ガメイなどブルゴーニュと同じ品種が使われており冷涼な気候な為、飲みやすく軽やかなフルーティーなワインが出来上がります。 土着品種ではモンドゥーズと呼ばれるシラーの兄弟(両方ともモンドゥーズ・ブランシュと他品種の自然交配)に当たるスパイシーで色の濃いフルーティーなワインが造られます。味わい的にはシラーとピノ・ノワール、ガメイの中間に位置するジューシーながらもタンニン分が割と豊富な味わいです。

栽培方法や醸造にこだわった、新しい世代による、優れた造り手が増える傾向にあり、今後の活躍が楽しみな産地です。

+



+
ピッツァにとてもよい相性の赤とはこれいかに。

最近は料理とピンポイントに合わせるアルコールを見かけるようになってきました。地元の造り酒屋は「鯖」と合わせる為だけに存在する日本酒を開発して話題になっています。ピッツァ・ラバーはその名の通りピッツァの為に存在する赤ですが、なんて事ありません。メルローとカベルネのボルドーブレンドなので肉料理全般に良く合う幅広く楽しめるワインでした(笑)。
+
+
天高く馬肥える..云々、食欲の秋の到来。

地元の情報誌に掲載するため「秋の空とひやおろし」をテーマに撮影。

撮影場所はお店のすぐ裏に広がる田園(笑)。

画像の入稿締め切りが迫っているにもかかわらず、商品の入荷が遅れた挙句、いざ撮影の段になると秋雨前線が活発化(泣)、なかなか天気に恵まれませんでしたが、夕刻のほんの一瞬、奇跡的にこんないいシチュエーションで撮る事が叶いました。
+
+
そろそろ次の日本酒部を催す時季。
打ち合わせを兼ねて秋の味覚を楽しんでまいりました。
+
+

ページトップへ