カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

  

トスカーナ・ロッソ[2020] チャッチ・ピッコロミニ・ダラゴナ

Rosso Toscana / Ciacci Piccolomini d'Aragona (赤)750ml
南部ブルネロの象徴的存在、チャッチ・ピッコロミーニ。赤土のねっとりとした果実と大きな骨格で 近代ブルネロの躍進を支えた偉大な造り手です。オルチャ川を見下ろす、真南向きのピアンロッソ畑はまさに、そんなブルネロの理想郷なんですが、病気で一部の樹を失い、植え替えた影響で造れる本数が、とにかく少なくなっています。今残ってる区画の樹は古いものばかり。だからこそ、ここ最近のピアンロッソは異常に評価が高くなってるんです。そして、実は一番人気のワインがトスカーナ・ロッソ!それもそのはず、植え替えたピアンロッソの若い樹やブルネロ、サンタンティモの若木を 使ったワインですから、将来はブルネロな訳です。 ブルネロ及びロッソ・ディ・モンタルチーノの畑をメインに植え替えたばかりの若い区画の葡萄を使用するキュヴェでブルネロのサードワイン的な存在。サンジョヴェーゼがほとんどだが、アテオの畑のシラー等も少しアッサンブラージュしてバランスをとっている。発酵はステンレスタンクで行い、12 ヶ月間そのまま熟成。

トスカーナ・ロッソ[2020] チャッチ・ピッコロミニ・ダラゴナ

価格:

2,178円 (税込)

[ポイント還元 65ポイント~]
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

歴史的畑『ピアンロッソ』
伝統的な大樽熟成醸造で南部ブルネロの典型的ワインを産み出すチャッチ。起源は遡ること 17 世紀。モンタルチーノの司教で銘家、ヴェスコヴォ家が起源です。この 17 世紀から続く歴史的な教会が所有していた畑を相続したのです。その中でもピアンロッソは最も古く、最も優れた区画。モンタルチーノの歴史的に見ても特に重要な畑です。標高は 240m-300m で南向き。南側はオルチャ川なので、太陽を遮るものは何もありません。名前の通り赤土の土壌で鉄分やマグネシウムを多く含みます。ワインは完熟果実の充実感の中に、しっかりミネラルの背骨があるんです。果実の重厚さだけで終わらないのが良いんです! 北部の「イル・パラディソ・ディ・マンフレディ」のワインからは海の香がしてきます。熟した果実の奥からヨード的な香が染み出してくるんです。チャッチ・ピッコロミーニは違います。重厚で詰まった果実の奥に石灰っぽい山のミネラルが感じられるはずです。ブルネロという小さな産地の中には全く違う個性のテロワールがあり、そのだい標的個性、正反対の個性を持っているのです。

ページトップへ